サハ共和国(ヤクーチア)

サハ共和国(ヤクーチア)

地域

サハ共和国(ヤクチア)を訪れる理由:

  1. サハ共和国(ヤクチア)はロシアの1/5を占める世界一面積の広い連邦構成主体であります。

  2. サハ共和国(ヤクチア)は永久凍土地帯に位置し、夏の気温は+ 40°C、冬は-60°Cで、年間の温度差は100°Cに達します。 ヤクーツク市の建物は「高床式」になっており、杭の上に建設されています。 そうでなければ、永久凍土の上層が融け、建物の破壊につながる恐れがあります。町の超現実的な光景は、訪問者にとって最も深い印象になります。 そして、永久凍土の現象は世界で唯一の永久凍土研究所で研究され、研究所の見学をすることができます。

  3. 世界で発見されるマンモスの骨とマンモスの生息地の75%がサハ共和国(ヤクチア)にあたります。 当社がお勧めするツアーの1つはマンモスをテーマにしています。このツアーに参加したお客様はマンモスの発掘に参加できます。

  4. サハ共和国(ヤクチア)の人口は約100万人で非常に少なく、そのうち約30万人が首都ヤクーツクに住んでいます。 共和国の人口の約半分はヤクート人(自称サハ人)です。ヤクート人は伝統的な楽器ホムース(口琴)を必ず持っています。ユニークなホムース 博物館の見学をお勧めします。

  5. サハ共和国(ヤクチア)は70万の河川と80万の湖を含む世界最大の水系を誇っています。レナ川は川沿いの景色が美しく、カワヒメマス、ホワイトフィッシュ、イトウ、サケ科のムクスンなど、魚の種類が豊富です。地元のレストランにはレナ川で捕れた新鮮で美味しい魚の料理を楽しめます。

  6. ユネスコによって世界遺産に認められたレナ川の柱群とは40kmに渡って並んでいる柱状の岩のことです。高さ40-100mの岩は、気候などの影響を受け続けているため、その形が少しずつ変化し、より美しく神秘的になります。夕日、または朝日に照らされた柱は息をのむほど美しいです。遠くから見ると、おとぎ話に出てくるようなお城に見え、ふもとを流れる川は鏡のようにその光景を映しています。

  7. サハ共和国(ヤクチア)は、人間が足を踏み入れたことのない場所が多く、宝石や貴金属がたくさんとれる、宝石箱のような地域です。 ここで採掘されるダイヤモンド量はロシア国内生産量の99%、世界の1/4を占めています。

  8. アクセスしにくいサハ共和国(ヤクチア)には心の温かい親切な人々が暮らしています。 この地域の住民は、毎年行われるフェスティバルのゲストたちを歓迎します:
    オイミャコンの「極寒の地」フェスティバル(3月最後の週末)
    ヤクートの新年「イスィアフ」祭り(6月最後の週末)
    ダイヤモンド週間」フェスティバル(9月最初の週末)
    冬はヤクチアで始まる」フェスティバル(12月1〜5日)

  9. ヤクーツクには他では味わえない料理を楽しむことができます。地元の料理としてキョルチェフ(ホイップクリームとベリーのデザート)、インディギルカサラダ(冷凍魚を角切りにし味付けしたもの)、ストロガニナ(冷凍魚の薄切りにしたもの)をお勧めします。

  10. ヤクチアのお土産として一番人気のもの:

  • 冬用のブーツ「ウンティ」はトナカイの毛皮から作られます。軽く、暖かく、過酷な寒さに適応できる履物です

  • マンモスの骨でできた民芸品

  • 伝統的な楽器ホムース(口琴)

  • トナカイの角のエキスを含むアンチエイジング化粧品

  • 毛皮製品

  • ダイヤモンドと金/銀のアクセサリー


ギャラリー


お問い合わせ

弊社のスタッフはご質問に答え、お客様のご希望に応じて、提案者・見積書をご提供いたします。