ハバロフスク地方

ハバロフスク地方

地域

ハバロフスク地方を訪れる理由:


1.    ハバロフスク地方の中心地であるハバロフスク市緑が多く生活しやすい都市として知られています。その静けさ、快適さ、落ち着いた雰囲気は旅行客を惹きつけています。コーヒーと甘いデザートを片手に、展望台からアムール川に沈む夕日の景色を楽しむ光景を想像しただけで、ハバロフスクをぜひ訪れてみたい気分になります。冬のハバロフスクは、氷物語の世界に変わり、気温がマイナスであるにもかかわらず、街は常に太陽に照らされ、日焼けもできるぐらい明るいです!


2.    地域の住民に選ばれたハバロフスク地方の7つの奇跡

-       シカチ・アリャン村の岩絵は紀元前12世紀のもので、ユネスコの文化遺産の予備リストに含まれています。ロシアの文化遺産に認められた岩絵は重要な天然記念物になっています

-        5000ルーブル札に描かれたアムール川の橋

-        オホーツク海に位置するシャンタル諸島はユニークな生物圏であり、クジラ、シャチ、ヒグマ、海鳥を観察し、北の自然を楽しむことができます

-        アムット

-        アムールトラは極東の象徴になっており、森林の王様と呼ばれます。 アムール動物園または野生動物のリハビリセンターでアムールトラを観察することができます

-        ハスの花を見た人が幸運に恵まれるといわれています。 ハスはハバロフスク地方の何ヶ所かに生え、一番近い場所はハバロフスク市内から車でわずか30分のところにあります

-        ジュッセ・アリーニ山脈

 

3.    ハバロフスク地方はユニークな自然と「父なるアムール」と呼ばれる大河アムールで代表されています。アムール川とその支流には100種類以上の魚が生息しています。地方内には6つの自然保護区、2つの国立公園、28の保護ゾーンが設けられています。


4.    原住民は女真時代(10-15世紀)からアムール川沿いに暮らし、魚釣り、猟、キノコや木の実などの採集をしました。ハバロフスク地方に生活する 原住民は先祖から受け継いだ伝統や習慣を大切に守り続けています。ナナイ、ニブヒ、ネギダール、ウルチ、エベーヌ、エベンキ、オロチ、ウデゲのユニークな文化に触れることをお勧めします。


5.    ビロビジャン市は極東におけるユダヤ文化の中心地であります。 極東にユダヤ自治州が創立されたこと自体は興味深いものです。 ユダヤ人の伝統的な帽子「キッパ」を購入し、7枝の燭台メノーラーを背景に写真を撮り、地元のシナゴーグやユダヤ人コミュニティを訪れ、民族料理を味わうなど、印象深いツアーになります。


6.    ハバロフスク地方には35の民族の人々がお互いの習慣を尊重し仲良く暮らしています。色鮮やかな祭り、民族料理の試食会などの恒例行事は地域住民の生活に組み込まれています。


7.    ハバロフスク地方は、あらゆる国際フェスティバルが毎年開催され、世界各国からの参加者とゲストを集め、高く評価されます。 軍楽隊フェスティバル「アムールの波」(5月)、キュウリウオフェスティバル(4月)、ジャムフェスティバル(9月)、氷彫刻コンテスト(12月)、「国境なき料理」フェスティバル(年中)は大人気です。


8.    ハバロフスク地方はスホーイSuperjet 100旅客機、SU軍用戦闘機、および第5世代T-50航空機が生まれる地域として知られています。


9.   中国との国境沿いに広がるこの地域は開拓の歴史が興味深いものであります。 市内ツアーまたは国境近隣のカザケビチェボ村へのツアーに参加すればその歴史について学ぶことができます。 夏はハバロフスクから中国へ船で渡り、1〜2日のショッピングや休息を楽しむことができます。


ギャラリー


お問い合わせ

弊社のスタッフはご質問に答え、お客様のご希望に応じて、提案者・見積書をご提供いたします。