バイカル・アムール鉄道(バム鉄道)

内容


バイカル・アムール鉄道(バム鉄道

1. テーマ

SIGHTSEEING & FIRST SIGHT

RAILS

CULTURE, EHTNOS, LOCAL MINORITIES

NATURE & WILDLIFE

2. 地域、ツアールート

ハバロフスク地方、アムール州

ハバロフスク市、コムソモリスク・ナ・アムーレ市、ワニノ市、ツィンダ市、ネリュングリ市、

セウェロバイカリスク市

3. 設定期間

年中

4. ツアータイプ

Comfortable, moderate

5. 宿泊タイプ

ホテル、アパートホテル、ゲストハウス、ホームステー

6. 旅行日数

6-15日間

7. 人数

30人まで

8. 予約条件

旅行開始日の2-3ヶ月前

(鉄道チケットの販売開始にあわせて)

バイカル・アムール鉄道(バム鉄道は、世界最大鉄道線の1つです。バイカル湖近くのタイシェトと日本海沿岸のソビエツカヤ・ガバニを結ぶ鉄道は1938年から1984年にかけて建設され、工事が中断することが何回もありました。地質状況が厳しく、気候状況も極めて悪く、重労働でした。バム鉄道は、シベリア横断鉄道よりも約500 km短くなっています。シベリア横断鉄道と違って国境から700-1000 km離れていることはバム鉄道の戦略的な特徴です。2019年現在、全長は約4300 kmになっています。バイカル・アムール鉄道は、シベリヤ・極東の天然資源開発を目的とした包括的なプロジェクトの一部として設計されました。 鉄道沿いに大規模な産業コンプレックス9ヶ所の建設が当初計画されていましたが、最終的にはサハ共和国南部にあるネリュングリ炭田しか開発されませんでした。

バム鉄道に乗ることは多くの旅行者の夢です。私たちは、この夢の実現をお手伝いします。ハバロフスクを出発し、次の都市を訪れます:

コムソモリスク・ナ・アムーレ:飛行機が生まれる都市

ワニノ港

-バム鉄道の首都ツィンダ:金採掘者とトナカイ飼いの町

-炭田で有名なネリュングリ(サハ共和国南部)

セベロバイカルスクとバイカル湖

ルートの長さは4000 km以上で、自然や気候の厳しさを実感できます。しかし、ロシアのことわざにあるように、「気候が寒いほど、心は暖かくなる」。北部の奥地に住んでいる人々は、おもてなしで知られています。このエキサイティングな旅をお楽しみください!

ギャラリー

ボーナス