コルィマ街道ツアー(車):ヤクーツク‐オイミャコン‐ウスチネラ‐マガダン(2432km)

内容


コルィマ街道ツアー(車):

ヤクーツク ‐ オイミャコン ‐ ウスチネラ ‐ 

マガダン(2432km)

1. テーマ

SIGHTSEEING & FIRST SIGHT

EHTNOS & LOCAL MINORITIES

NATURE & SNOW EMPIRE

ACTIVITIES ADVENTURES EXTREME

2. 地域、ツアールート

サハ共和国、マガダン州

ヤクーツク‐ハンドィガ‐オイミャコン‐ウスチネラ‐タラヤ‐マガダン

3. 設定期間

夏季:5月‐9月(推定気温 +10 ‐ +18°)

冬季:12月‐3月(推定気温 -25 ‐ -60°)

4. ツアータイプ

Comfortable extreme, Moderate

Wildlife watching and trekking

Daring & challenging

Winter adventure

5. 宿泊タイプ

ホテル、ホステル、ゲストハウス

6. 旅行日数

5-10日間

7. 人数

2-12人

8. 予約条件

旅行開始日の2ヶ月前

コルィマ街道の建設は1932年に始まり、オホーツク海岸の小さな村であったマガダンはその出発点となりました。当時、ヤクーチアとコルィマ川沿いに集中している金、銀、スズ、石炭の産地開発事業が積極的に進められ、産出した鉱物を輸送するにはマガダンの近くに位置する、オホーツク海で最も便利な港であるナガエフ湾を利用することが計画されました。ヤクーチアとオホーツク海岸を結ぶ道路建設の必要性が明らかになりました。その建設プロジェクトを実施する労努力として1931年、「国民の敵」とされた収容人4400人がマガダンに送られました。ちなみに、民間の建設労働者はわずか570人でした。

連邦道路M56「コルィマ」は、ロシア北部に位置するサハ共和国(ヤクーチア)とマガダン州を象徴する「ブランド」になっています。全長2032 kmで、そのうち1197 kmはサハ共和国、835kmはマガダン州にあたります。コルィマ街道は、世界一運転しにくい自動車道路トップ10に含まれています。街道沿いには、誰も住んでいない村が多いので、人口密度の極めて低い、無人地帯のような地域を通るユニークなツアーになります。


また、寄り道をし(+ 400 km)、寒極、そして定住地の中で最も寒いとされるオイミャコン村とトムトール村を訪れることをお勧めします。

このツアーでは、極寒に適応したオフロード車または遠征用ミニバンが利用されます。移動は時速40-60 kmで、全ルートはいくつかの部分に分けられます。道沿いの村の食堂で食事をし、何もない地域を長く走る場合、事前にランチボックスを準備します。紹介されるツアーは最短バージョンであり、経験のある、体力レーベルの高い旅行者向けになっています。経験や体力が十分でないお客様にはもっと長く、快適なバージョンをお勧めします。


 

ヤクーツク‐ハンディガ(432km、10時間(食事時間と写真撮影時間を含む)

ヤクーツク市内では、氷上道路を走りレナ川を渡ります。この周辺の川幅は3km、氷上道路の長さは8.7kmです。途中で停車し、ヤクーツクのパノラマを背景に写真を撮ります。レナ川を渡り、交通と貿易の拠点であるニジニ・ベスティヤフ村を通ります。ヤクーチヤ南部のネリュングリ市に通じる道路と、ヤクーツクとマガダンを結ぶコルィマ街道がここで合流します。


 

途中、道沿いのカフェに2回停止します。チェルケッヒ村に昼食をします。ヤクーツクから40km走り、ロシアでは6番目に長いアルダン川(2273km)を氷上で渡ります。ハンディガ‐ヤクーツク間の道路周辺は、ヤクーチアで最も人口密度の高い地域です。 4つの地区を通過します。道路沿いには、ストーブ暖房の小さな木造家屋からなる伝統的なヤクート村を通ります。また、放し飼いされているユニークなヤクート馬も見られます。ヤクート馬は小柄で、毛が長く、激しい寒さの中でも雪下から餌を掘り出すことができます。タッチンスキー・ウルス(地区)はヤクート文化の発祥地と呼ばれています。時間があれば、ウルスに立ち寄り、チェルケへの野外博物館を見学します。博物館には、ヤクートの伝統的な家屋、古い木造教会、鐘楼のある礼拝堂のオリジナルを見ることができます。

 


 

ハンドィガ-オイミャコン(514 km、12時間(食事時間と写真撮影時間を含む

景色の素晴らしい場所を通ります。収容人たちに 建設された「骨街道」なベルホヤンスキー山脈を通過します。

200kmにわたって美しい山の風景が展開され、明るいうちにそれを楽しめます。山の高さは平均1300 mで、最高の山はムース・ハヤ山(海抜3000 m)です。トムポルクスキー・パス、収容所の犠牲者のメモリアルクロス、道路が極端に狭くなるブラック・クリップとウエロウ・クリップ、蛇紋岩の道、スウァロー・ネスト、東ハンドィガ気象観測所など、コルィマ街道の最も有名な場所を通ります。途中で停車し、写真撮影。この周辺は人が住まず、道路工事をしている業者の仮集落があるのみです。

チォプリー・クリューチ村で夕食。夕方にハンドィガに到着します。トムポンスキー地区の中心地であるハンドィガ村は、現在衰退していますが、ソビエト時代には、金や石炭が採掘されました。当初、流刑者がここに一旦集められてから様々な収容所に分けられました。「骨街道」として知られる道路はここから始まり、マガダンに至ります。第二次世界大戦中、ハンドィガ村から70 km離れたところに飛行場が建設され、アラスカから戦線に軍用機を移動させるために利用されました。

 

世界の定住地の中で最も寒い場所オイミャコン村


 

オイミャコン村のヤクート人家庭でのホームステーをします。 オイミャコンの朝は気温チェックから始まります(温度計がベランダの壁に取り付けられています)。奥さんは料理を出してくれます。朝食のメニューには肉料理、魚料理、ジャガイモの料理などが入っていますが、驚かないでください。 寒いオイミャコンを歩き回る前に、しっかりとカロリーを摂らなければなりません。

村の見学は10時から始まります。まずは寒極の記念碑に向かい、そこでヤクートの寒さを支配するチスカーンと対面し、寒極の訪問証明書をもらいます。

それからヤクート牛を飼う農場を訪れます。ヤクート牛は体が小さく、過酷な気候での生活に適応しているユニークな動物です。

家へ戻り、激寒実験を行います。 たとえば、濡れたTシャツや国旗がどれだけ早く凍るか自分の目で確かめ、凍ったバナナで釘を打ち、凍ったキャベツやリンゴをガラスのように砕くなどです。また、シャボン玉を作り、お湯の「花火」をやり、さまざまな液体の凍り方を学びます(当然、アルコールを含んだ液体が一番凍りにくい)。驚きいっぱい、楽しさいっぱいの実験になります。

昼食後、インディギルカ川で冬の魚釣りを楽しみます。見るだけでも良いですが、氷釣りに挑戦してみたい方には釣り道具を渡し、やり方を説明します。カワヒメマスなど、釣れる魚の種類が多いです。地元の女性は、川と同じ名前の料理インディギルカ(さいの目に切って塩とこしょうで味付けした生の冷凍魚)を作ってくれます。

 

オイミャコン‐トムトール(トナカイ飼いの村を訪問)-ウスチネラ(435 km)

オイミャコン村のヤクート人家庭でのホームステーをします。
雪に覆われた森林の中にあるトナカイ飼いの仮小屋に着きます。ストーブ暖房の効いている暖かい木造の家ではエベン族の伝統的な料理を味わいます。昼食後、トナカイぞりを体験し、北極地をさまよう遊牧民気分になれます!ここでは、2.5〜3時間過ごします。スンタール川、アガヤカン川、ティレック・ユリヤック川を渡るとき、古い木製の橋を見ることができます。氷の洞窟を見学します。トンネル状の洞窟は以前、食料品の倉庫であり、今は寒さを支配するチスカーンの公邸になっていると言われています。洞窟の中の気温は-8ºから-10ºで、年中安定しています。冬も凍らないインディギルカ川の支流クイドゥスン川と、夏季に運営される空港を見学します。


 

ウスチネラ - ススマン(394 km、11時間(食事時間と写真撮影時間を含む

次の場所を通ります:

‐コルィムスコ・インディギルスキーパス

‐鉱夫のゴーストタウン・カドィクチャン町。 1990年代に放棄さた町にストップし、写真撮影

‐ゴーストタウン・オゼルノエ村。この辺に収容所があったころ、オゼルノエ村には金の加工工場がありました。写真撮影

‐サハ共和国(ヤクーチア)とマガダン州の境界線

‐気象観測所と記念碑。ここで停車し、昼食(ウスチネラで注文したランチボックス)

‐グラグ発電所の遺跡

‐道路工事をしている人たちの村、アルトィック

 


ススマン – マガダン(625 km、12-15時間)

 

移動する途中、放棄された金鉱山を通り、コルィマ川にかかる大きな橋(385 m)を渡ります。
32 kmぐらいの寄り道をし、コルィマ川沿いのシネゴリエ村に到着します。ここでは素晴らしい景色を楽しめます。ブルハリンスキーパス(標高1005 m)を越え、ヤゴドノエ村のカフェで軽食をします。ススマン村に入る前に、ススマンの主な名所である建物に突き刺さっている飛行機が見えます。

夜はマガダンに到着します。翌日、海岸の街の雰囲気を楽しみ、野生の肉や魚介類の美味しい料理を味わいながらツアーフィニッシュのお祝いをします。

 



ギャラリー

ボーナス