白熊を探し実行くツアー

内容


白熊を探し実行くツアー

1. テーマ

SIGHTSEEING & FIRST SIGHT

ACTIVITIES – ADVENTURES – EXTREME

EHTNOS & LOCAL MINORITIES

NATURE & SNOW EMPIRE

GASTRONOMY

2. 地域、ツアールート

チュコトカ

アナディリ‐エグウェキノット‐アムグエマ‐トナカイ飼いの仮村‐ウァンカレム

 

3. 設定期間

2月―4月

4. ツアータイプ

Soft adventure

Trekking/ 4WD ride

Wildlife watching and trekking

Daring/Challenging

5. 宿泊タイプ

アパート、キャンプ場、コッテージ、地元の家屋

6. 旅行日数

12‐15日間

7. 人数

1-7人

8. 予約条件

境界線ゾーンに入るには特別な許可が必要です。 2ヶ月前までにご注文ください。

1日目:アナディリに到着。ツアー準備

チュコトカ自治管区の主都アナディリ市の空港で皆様を迎え、国境地域の入域手続きをのお手伝いします。放棄された軍事基地グディムの見学。

ウゴリニエ・コーピ村のアパートに宿泊。

地元のガイドと会い、ツアー実施に必要な道具をチェックします。道具の上手な使い方と安全ルールの指導を受けます。

アパートで夕食。地元の伝統や習慣を学び、地元の人々の生活に欠かせない「神たちにご馳走を捧げる儀式」に参加します。

次の3日間のあいだは、オフロード車両Trekolで580 kmを走ります!この大胆な旅は自分の可能性を試すいいチャンスになります。得られる感想と体験はそれだけの価値があります!

 

2日目:エスキモーの村・ウエルカル

早朝に朝食。(オプション:アナディルからクロス湾へのフライト)

ウゴリニエ・コーピ村を出発し、ウエルカル村に移動(オフロード車、180 km)。

昼食は第二次世界大戦時に墜落した飛行機の記念碑の近くでピクニックランチ。

エスキモーのウルカル村に到着。

村を回り、エスキモーの文化と伝統についての話をききます。第二次世界大戦時に利用されたアラスカ‐シベリア航空路線「アルシブ」のパイロットたちのお墓、対流圏通信ステーションの見学。

夕食(エスキモー料理(クジラ、セイウチ、アザラシのお肉)。

エスキモー民族アンサンブル「イムリヤ」のコンサート。

地元の文化クラブで一泊(寝袋)。

 

3日目:ウエルカル村からエグウェキノット村に移動

朝食後、ウエルカル村を出発し、エグウェキノット村に向かいます(オフロード車、120 km)。

昼食はピクニック。

午後、エグウェキノット村に到着、コテージまたはアパートに宿泊。

村を散策し、地元の博物館、スキー場、湾を見学します。

夕食はカフェ「13」またはアパートで。

 

4日目:エグウェキノット村からアムグエマ村に移動

朝食後、エグウェキノット村を出発し、アムグエマ村に向かいます(90 km)。無人地帯に近い場所を通りますので、ユニークな写真を撮るチャンスになり、思い出に残るに違いありません。 「北極圏」サインのそばでピクニックを行い、「極地探検家」の証明書の授賞式をやります。そして地元の人々の生活に欠かせない「神たちにご馳走を捧げる儀式」を行います。

アムグエマ村に到着。村を散策、地元の学校を訪問、昼食。

村の住民たちと交流(名誉トナカイ飼い・トィルネウ氏など)。

トナカイ飼いの移動集落を訪問(遊牧しているため、60 km以内にいる場合のみ訪問可能)。

トナカイ飼いたちと交流、お土産交換。

夕食、焚き火を囲んでトナカイ飼いの生活についての話をききます。

地元の移動式家屋ヤランガまたはテントで一泊するか、アムグエマ村に戻り、村内で一泊します。

 

5〜7日目(または5〜9日目):

ヴァンカレム村へ出発(190 km)。

金の採掘場「ウォストチニー」(純金が産出される)を訪問。

昼食は採掘場で。

ヴァンカレム村に到着、北極圏研究ステーションまたは地元住民の住宅で一泊。

ヴァンカレム村でのプログラム:

ヴァンカレム村とヴァンカレム岬を見学。

チェリュースキン学校を訪問し、北極海航路を砕氷船を使わずに通過する可能性を確認しようとし1934年に沈没したチェリュースキン蒸気船についての話をききます。

地元のガイドと会い、白熊ツアーを開始。白熊を探し、観察します。

気象条件が良い場合、海岸沿いの氷上に出、アザラシ猟を観察します。

破壊された対流圏通信ステーション「アガット」を見学。

文化クラブで地元の人々と交流。

トナカイ飼いの移動集落へ出発。

 

8日目:エグウェキノット村からアムグエマ村に移動

早朝の朝食後、エグウェキノット村に戻ります(オフロード車、190 km)。

金の採掘場「ウォストチニー」でお茶休憩。

アムグエマ村に到着、夕食。

村内で一泊。

 

9日目:アムグエマ村からエグウェキノット村に移動

エグウェキノット村へ出発。

コテージで宿泊。昼食と夕食は村内。地元の蒸し風呂「バーニャ」。

 

10日目:エグウェキノット村からウエルカル村に移動

早朝、エグウェキノット村を出発しウエルカル村に向かいます(120 km)(オプション:アナディリへのフライト)。

朝食と昼食は移動する途中。

ウェルカレ村で一泊。

 

11日目:ウエルカル村からアナディリに移動

ウエルカル村を出発しアナディリに向かいます(180 km)。

アナディリに到着後、市内を観光し、町の歴史と現在を学びます。市内の記念碑巡り、グリーネヴェツキー、リトヘウ、マンドリコフなど、チュコトカの開発に大きく貢献し歴史に名を残した人物について学びます。そして「チュコトカ遺産」博物館を見学します。

さようなら・パーティー、フォークコンサート(喉歌、舞踊)を楽しみます。

アナディリホテルで一泊。

 

12日目:ツアー終了

河口を渡り、アナディリ空港へ。

アナディリを出発。

 

 


ギャラリー

ボーナス