オホーツク海ヤームスキエ諸島へのクルーズ 海鳥とクマの観察

内容


オホーツク海ヤームスキエ諸島へのクルーズ

海鳥とクマの観察

1. テーマ

SIGHTSEEING & FIRST SIGHT

CRUISES & WATER TRIPS

ACTIVITIES ADVENTURES EXTREME

NATURE

GASTRONOMY

2. 地域、ツアールート

マガダン

3. 設定期間

5月―9月

4. ツアータイプ

Moderate

Expedition Cruise

Wildlife watching and trekking

Soft adventure

5. 宿泊タイプ

モーターボート

6. 旅行日数

10-12日間

7. 人数

4-8人

8. 予約条件

旅行開始日の3-6週間前

ヤムスキー諸島ツアーは、ロシア北部の偉大な探検家に関連する史跡、シャチやクジラと出会える自然保護区、コニ半島とピャギン半島の美しい海岸などをめぐるユニークなツアーです。ヤムスキー諸島自然保護区に多くある海洋動物の繁殖地、数百万の海鳥の群集を観察できます。 科学者はヤムスキー諸島を「太平洋北部の奇跡」と呼んでいます。

ヤムスキー諸島ツアーは次のようになっています:

まずは、コニー半島へ移動し、ロシアで最もヒグマの多い場所の1つ、オディヤン自然保護区を訪れます。木の実を探したり、魚を捕ったりするヒグマを1日に10頭まで観察できます。ウマラ島には、海鳥の巨大な営巣地があり、ウミガラス、エトピリカ、ツノメドリ、ケイマフリ、カモメ、ウなど観察できます。そしてこの島にはオオワシ夫婦が一組、巣をなすことが確認されています。

次に、ヤムスキー諸島へ移動します。 コニー半島とピャギン半島の海岸沿いを通ります。 半島周辺は、崖や滝、景色の美しい場所がたくさんあります。 海岸には野生動物を見かけることがあります。手付かずの自然の偉大な光景を楽しめます。

クルーズはLED-20タイプの船(厚さ20sm以下の砕かれた氷の海域で航行できる船)で行われます。9人乗り、デッキ2つ、シャワーとトイレ付き客室、テレビ付き食堂など、快適なクルージングが出来ます。LED-20船は航続可能な期間1月間、スピード12-14ノット、ドラフト2 mです。この船は、北極圏のチェルスキー村を出て、デジネフ岬を通過し、母港のマガダンに到着して以来、マガダン港で利用されています。

 

1日目:朝、港に移動し、船に乗ります。出発し、コニー半島へ移動(10時間)。オホーツク海岸沿いを通り、野生動物を観察。船上で一泊。

2日目:モーターボートに乗って半島に上陸。散歩、クマを観察。夕方、船に戻り、船上で一泊。

3日目:ヤムスキー諸島へ移動。島々をまわり、島々の巣、海の動物の繁殖地を観察、写真撮影。船上で一泊。

4日目:島々をまわり、島々の巣、海の動物の繁殖地を観察、写真撮影。夜中、マガダンへ移動。

5日目:マガダン港に到着。

 


ギャラリー

ボーナス