バルグジン地域の美しさ

内容


バルグジン地域の美しさ

1. テーマ

SIGHTSEEING & FIRST SIGHT

EHTNOS & LOCAL MINORITIES

CRUISES & WATER TRIP

NATURE

GASTRONOMY

2. 地域、ツアールート

ウスチ・バルグジン、バイカル湖、ウシュカニ諸島、バルグジン谷

3. 設定期間

May – September 

4. ツアータイプ

Easy, comfortable

5. 宿泊タイプ

ホテル

6. 旅行日数

3

7. 人数

制限なし

8. 予約条件

旅行開始日の7-10日前

1日目:

旅客船(ボート)でウスチ・バルジンに到着します。 バイカル岸に沿って移動し、 モナーホボ村(チヴィルクイスキー湾)に行き、そこからボートでズメエバヤ湾へ向かいます。

ホテルシップで一泊。 夕食 。

チヴィルクイスキー湾は、バイカル湖の東岸にある最も美しく人気の高い観光地の1つです。 絵のように美しい小湾がいくつかあります。ズメエバヤ湾には温泉があります。

 

2日目:

チヴィルクイスキー湾のボートトリップ。 ウシュカニ諸島にあるアザラシの繁殖地を観察。魚釣り(オプション)。 昼食。ウスチ・バルジン村へ移動。 ゲストハウスで一泊。 夕食。ロシア式蒸し風呂「バーニャ」 。

ウシュカニ諸島はスビャトイ・ノス半島の近く、バイカル湖の真ん中にある岩の多い群島です。 ここには、世界で唯一の淡水アザラシ(バイカルアザラシ)の繁殖地が位置しています。

 

3日目:

バルグジン谷(130 km)のツアー。バラグハン山、ブヘ・シュルン石、スウィンスキー柱岩、岩の表面に浮き上がっているヤンジマ女神の絵などブリヤートの聖地を訪れます。そして奇岩などを観察します。昼食はピクニック。壁画を観察。

ウスチ・バルグジンに戻り、夕食。

「バルグジン」という地名は、かつてこの辺に生活していたバルグート族の名前に由来します。当時ここはバルグジン・トゥクム王国の辺境地で、仏教の聖地が集中していました。バラグハン山は北部の仏教世界で最も尊敬される聖地であり、ブヘ・シュルン石には谷の保護神が宿るとされています。ヤリクタ村からそれほど遠くないところに、知恵と芸術の女神、そして母子を保護する女神であるヤンジマ女神の姿が岩の表面に現れ、多くの参拝者が集まるようになりました。


ギャラリー

ボーナス